OB紹介

立教大学ボクシング部・全日本選手権チャンピオン

第13回1938(昭和13)年
ライト級・康仁錫
第15回1940(昭和15)年
ライト級・康仁錫
第29回1959(昭和34)年
ライトミドル級・山下達也
第34回1964(昭和39)年
ライトウェルター級・米倉宝二
第35回1965(昭和40)年
フェザー級・本間春信
第39回1969(昭和44)年
ミドル級・中山章容
第42回1972(昭和47)年
バンタム級・本間春信(八千代市役所)

立教大学ボクシング部・オリンピック代表選手

1964(昭和39)年
東京五輪ライトウェルター級・米倉宝二
※2回戦判定勝ち、3回戦判定負け

立教大学ボクシング部・プロタイトル獲得選手

★林守(ヨネクラ)・1963(昭和38)年8月プロデビュー

1964(昭和39)年12月
日本Jライト(現Sフェザー)級王座獲得
※1回防衛
1965(昭和40)年12月
日本Jライト(現Sフェザー)級王座獲得
※初防衛失敗

★岡田晃一(キング→新日本木村)・1967(昭和42)年10月プロデビュー

1969(昭和44)年3月
東洋Jフェザー(現Sバンタム)級王座獲得
※5回防衛

★清水孝恒(セキ)・1970(昭和45)年1月プロデビュー

1970(昭和45)年12月
日本ウェルター級王座獲得
※3回防衛
《参考》 立教大学に入学し、後に明治大学を経て日本大学に転校

★石橋広次(AO)・1956(昭和31)年3月プロデビュー

1957(昭和32)年8月
日本バンタム級王座獲得
※5回防衛

立教大学ボクシング部・全日本ランキング入り選手

1950(昭和25)年度
フライ級6位・蛭間孝二
フライ級9位・石橋広次
フェザー級5位・藤沼明
1951(昭和26)年度
フライ級3位・蛭間孝二
ウェルター級9位・福井広海
1952(昭和27)年度
フライ級2位・蛭間孝二
1953(昭和28)年度
バンタム級2位・蛭間孝二
フェザー級10位・児島幹男
1954(昭和29)年度
フェザー級8位・児島幹男
1955(昭和30)年度
フライ級7位・伊藤育
1956(昭和31)年度
フライ級8位・伊藤育
1957(昭和32)年度
フライ級5位・伊藤育
ライトウェルター級2位・山下達也
1958(昭和33)年度
ライトウェルター級5位・山下達也
ウェルター級7位・山崎博道
1959(昭和34)年度
ウェルター級4位・山崎博道
ライトミドル級王者・山下達也
1960(昭和35)年度
ライト級5位・林守
1961(昭和36)年度
フライ級3位・牧村暢二
バンタム級6位・河合勝次
フェザー級1位・林守
ライトウェルター級5位・三浦淳良
ウェルター級7位・伊原雄造
ライトミドル級3位・北島興一
1962(昭和37)年度
フライ級1位・牧村暢二
バンタム級5位・河合勝次
フェザー級1位・林守
フェザー級7位・天野昭彦
ライトウェルター級5位・三浦淳良
ライトミドル級8位・宮島真琴
1963(昭和38)年度
フライ級7位・岡田晃一
バンタム級4位・牧村暢二
バンタム級6位・河合勝次
フェザー級5位・中込凱彦
フェザー級9位・天野昭彦
ライトウェルター級1位・米倉宝二
ライトウェルター級2位・木内貞之
ライトミドル級8位・宮島真琴
1964(昭和39)年度
バンタム級4位・牧村暢二
バンタム級6位・岡田晃一
バンタム級9位・坂寄尚
フェザー級2位・中込凱彦
フェザー級3位・本間春信
ライト級1位・関根頌博
ライトウェルター級王者・米倉宝二
ウェルター級1位・木内貞之
ウェルター級2位・宮島真琴
1965(昭和40)年度
フライ級6位・宮村伸弥
バンタム級2位・岡田晃一
バンタム級6位・木原俊広
フェザー級王者・本間春信
フェザー級4位・坂寄尚
ライト級1位・米倉宝二
ライト級8位・天野昭彦
ライトウェルター級10位・三国尚康
ウェルター級1位・関根頌博
ライトミドル級3位・宮島真琴
1966(昭和41)年度
バンタム級1位・岡田晃一
バンタム級8位・宮村伸弥
フェザー級1位・本間春信
ライトウェルター級1位・関根頌博
1967(昭和42)年度
フライ級9位・荒木健
バンタム級5位・宮村伸弥
フェザー級7位・本間春信
ライトウェルター級4位・関根頌博
ウェルター級1位・清水孝恒
ライトミドル級5位・中山章容
1968(昭和43)年度
フライ級5位・荒木健
バンタム級7位・本間春信(立大OB)
バンタム級10位・宮村伸弥
ウェルター級1位・清水孝恒
1969(昭和44)年度
バンタム級4位・本間春信(石丸ジム)
ミドル級王者・中山章容
1971(昭和46)年度
ライトウェルター級5位・鈴木嘉吉
1972(昭和47)年度
バンタム級王者・本間春信(八千代市役所)
ライト級8位・鈴木嘉吉
1973(昭和48)年度
フェザー級2位・本間春信(八千代市役所)
1982(昭和57)年度
ウェルター級5位・富永健夫
1983(昭和58)年度
ウェルター級1位・富永健夫
1990(平成2)年度
ライトフライ級5位・仁平治
フライ級3位・井崎洋志
1998(平成10)年度
フェザー級9位・大崎克之
2000(平成12)年度
ライトミドル級6位・成清大介
2013(平成25)年度
ライト級10位・長尾京
※2007(平成19)年度まで延べ85人、実数35人。
監修:来住 哲司(H4年卒)
ページトップ